鳴海 幸輝【XELVe】/archive

くそうぜぇ!必要な会話を必要な場所で…/鳴海 幸輝【XELVe】

スポンサーリンク

会話って何でしょうか?

基本的にできる事なら話したくない自分です…

正確にいうと無駄話が、とても無意味に思うんですよ。

例えば、仕事中の私語とか、必要最低限でいい、あとは業務に関係しているかどうか、ふざけた話なら業務でない時でいい

自分は、そういうメリハリに対して少し敏感である

だいたい余計な話から人間関係のトラブルって、始まると思うんだよね

ぺちゃくちゃ話す事、本当に好きな人多いなーと昔から思う事がある

特に家庭の事やプライベートの事なんか、本当に詮索されるのも仕事中なら、尚更自分は無理。

商談ならまだしも、無駄話に何が生まれるのか教えて欲しい、そんな無駄な事話してるなら、業務に集中したほうがマシかなと

しかし、勘違いしないで欲しいのは、話す事についてどう思うわけでない、勝手に話せばいいと思うが、結局は自分が巻き込まれる事が嫌なんですよね。

生産性のない会話なら話かけないで欲しい

昔から職場でも愛想笑いが多い自分。それに耐えきれない自分。

でもその人に対して、嫌悪感は特にないのだ

とにかく思うのは全てが、どうでもいいという事

勉強してる時、集中してる時、仕事してる時

その会話、この場所で今、必要あるのかと?

自分の今やるべき事を、常に見つけてる人にはわかると思います。

無駄話と雑談は違うのだよ

無駄話が多い人は【自分の使命感に掻き立てられてない】という事に気づく良い機会かもしれない。

 

 

 

 
スポンサーリンク

鳴海 幸輝/Kouki Narumi

鳴海 幸輝/Kouki Narumi

メディアイノベーター 鳴海 幸輝
レートライブ株式会社 代表取締役 CEO
美容プロモーション事務所【biz】代表社員

デスクワークからホストまで20を超える多種多様の職を経験。美容師としても都心から数店舗経験するが【経営効率の悪さ】に疑問を持ち反発し職を渡り歩く…さらに2010年、借金3桁でホームレスまで落ちてしまう。そんな中【このダメ思考を仕事に転換する法則を発案】、月売200万以下のドン底店舗を店長就任後、1年半で3倍以上の売上まで建て直す実績を出し、最速で数店舗を統括するマネージャーを経験後、起業へ
起業1年で年商約1億円、客単価¥15000、年間来店数約1万人のサロン《XELVe TOKYO》運営に成功する。そして1年半で2店舗目を出店し2ブランドを展開する、その後求人メディアに頼らず【30人を超える求人】を達成。
情報技術検定 ITパスポート経営学 第2種電気工事士といった異色の経歴
《美容室営業の9割は無駄な事》を格言に、ほとんどを排除したやり方で業界特有の激務にメスを入れつつ更に結果を残した。
また美容師としても、海外から国内までクセ毛や多毛のお客様が9割を占め naruアレンジInstagramフォロワー数は3万人を超える。
全国誌の巻頭特集から、大手企業渋谷マルイでのオファーや単独プレス出演と外部でも活躍する。
個人メディアでは開設3か月で月間50万PVを突破。
独自の【成果スピード法】を追求し、新ビジネス理論と美容師を融合させた殻破りな可能性を多くの人に発信する。

PAGE TOP