鳴海 幸輝【XELVe】/archive

指名料は絶対にとった方がいい3つの理由とは?

 

 

皆さん【指名料】はとっていますか?

 

 

お店の経営戦略などの条件で、絶対にとるべきとはお勧めする事ではありませんが

僕、個人の意見としては

 

絶対に【指名料】とるべき

 

例えば、お店によってランク毎の技術料の違いはあるかと思います。

ディレクター カット ¥7560
店長 カット ¥6480
トップスタイリスト カット ¥5940
スタイリストカット ¥5400

 

場所や店によっては値段は様々でしょうが、平均的にはこんな感じでしょうか?

もちろん技術料の値段を、ランク毎にあげるのも良いとは思いますが

 

僕が言ってるのは、それでも【技術料】をあげるのでなく【指名料】をとった方が良いということ

 

 

理由① ランク毎の技術料のアップは基本的に会社的な都合を感じる。【指名人数】や【売上】が増えて昇格したので、値上げをしましたという解釈

 

理由② 自分の値段が上がるまで、年功序列感が否めない。結果を出してからの昇格での【技術料】の値上げよりは【指名料】であれば、結果を出す前から自分への技術以外の【価値感】の追求になり、更に戒めと責任感を強めるきっかけの1つになる。

 

理由③ 月間売上にしてしまうと、指名人数が変わらなければ、基本売上は上がるが【指名料】でないと【総技術売】になり、結局は会社側に不明確に搾り取られる可能性あり【指名料】であれば、明確に自分の為に支払って頂いたパラメーターの1つとして計算が出来る。

 

ちなみに僕の指名料は¥3240ですが、基本スタッフには【フルバック】にしています。

【指名料】=【信頼】

 

と考え、自分価値をより高める為に僕は絶対に必要なものと感じています。

指名料が¥5000でも¥10000でも支持してくれるお客様がいるとするならば、僕は¥1000しか払えないお客様は、僕じゃなくても良いと思うので、やらない主義

 

こうゆう事言うと必ず、違う考えの方がいますが、何を言われようが商売をやる人間として、金額の大小はあろうとも、断固として僕は間違ってないと思う。

だって何も【趣味】や【ボランティア】でやってる訳ではないのだから

 

お客様が時間と命を削って得た【お金】だからこそ

頂く事に応える【プレッシャー】を感じる僕らもまた

時間と命を削って得た【技術とサービス】で応える

こうして【お金】は回っていく

 

うちの会社にも昔、勝手に値下げをして施術していたスタッフがいたが

 

お金に【嘘】をつく(真っ当に料金を頂けない人間は)

自分の仕事(美容師として)に【嘘】をついてるのと同じ事なんだ

 

ですから【技術料】を頂く程に…

【仕事】に嘘をついてはならない

 

そして【指名料】を頂くという事は…

【自分】に嘘をついてはならないという事。

 

お客様にとっての最高の自分である為に…

 

僕が指名料にこだわる理由。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳴海 幸輝/Kouki Narumi

鳴海 幸輝/Kouki Narumi

メディアイノベーター 鳴海 幸輝
レートライブ株式会社 代表取締役 CEO
美容プロモーション事務所【biz】代表社員

美容師から歌舞伎町有名ホストクラブで3ヶ月でNo.3そして新人No.1になる
その他20を超える多種多様の職を経験。美容師としても都心から数店舗経験するが【経営】に疑問を持ち反発し職を渡り歩くダメな日々…さらに2010年、借金300万を抱え半年間ホームレス生活を経験。そんな中【このダメ思考を仕事に転換する法則を発案】、月売190万のドン底店舗を店長就任後、わずか3ヶ月で3倍以上の売上まで建て直す実績を出し、最速で数店舗を統括するマネージャーを経験
のちに起業へ
更に起業1年目で年商1億円、客単価¥15000、年間来店数約1万人のサロン《XELVe TOKYO》運営に成功する。そして1年半で2店舗目を出店し2ブランドを展開する、その後は求人メディアに頼らず【30人を超える応募求人】を達成。
情報技術検定 ITパスポート経営学 第2種電気工事士といった異色の経歴
《美容室営業の9割は無駄な事》を格言に、ほとんどを排除したやり方で業界特有の激務にメスを入れつつ更に結果を残した。
また美容師としても、海外から国内までクセ毛や多毛のお客様が9割を占め naruアレンジInstagramフォロワー数は2.8k
全国誌の巻頭特集から、大手企業【渋谷マルイ】でのオファーを個人で勝ち取り単独プレス出演と外部でも活躍する。
個人メディアでは開設3か月で月間60万PVを突破。
独自の【成果スピード法】を追求し、新ビジネス理論と美容師を融合させた殻破りな個性ある可能性を多くの人に発信する。

PAGE TOP