鳴海 幸輝【XELVe】/archive

値上げし続ける事

この度全メニュー1500〜2000円程の値上げを敢行しました。

過去にも値上げを実施しましたが

ここ1年間で3000円程の値上げをしています

なぜこれほどまでに値上げにこだわるかというと

仕事に対する意識の向上と【値上げ】こそが最大のお客様への還元と思っているからです

値上げをした事で【退社したスタッフ】もいました

しかしよりプレッシャーとお金を頂く事の責任感を感じて頂くスタッフもいました

この美容業界でもどこでも相場というものはあるとは思いますが

通常値がカットとカラーリングで¥20000まではもっていきたい所が本音です

もちろん安いからどうこう言うつもりはありません

現に値上げ出来る店とかそんな事を言うつもりもないですし

良い事ばかりでもありません

現実1人の美容師としての価値をあげるより

全体の価値を高める事は安易な事ではありませんし

更に規模で難易度は比例します

値上げを繰り返しどうなったのか?

実際新規の数がかなり減った

私どものお店もただ単純に値段だけを上げている訳では
ありません

新たなる想いや行動を試行錯誤の上に決行しています

既存で来て頂いてるお客様の変動はあまりないですが

新規のお客様がかなり減ってしまった…

試されるターニングポイントはここにあると思っています

想定外なのか想定内なのか?

もちろん変化を起こせば外的環境も変化が起きます

それがプラスなのかマイナスなのかも捉え方次第なのでは?

値上げしたら新規が減った→じゃあ値下げしよう

この考えは全国に発信しているのでここでは否定しませんが

私は想定内

むしろ新しい課題が出来て喜びを感じている

つまりはまだお店を知らない未来のお客様に

【何故この値段なのか?】が伝えきれてない課題なのです

美容室の【価格破壊】をピンチと捉えるかチャンスと捉えるか

正直従来の【ヘアサロン】としての価値でやっていくには

俄然難しいと私は感じていますし

美容室経営だけでは暗雲とも言える中で

様々な試行錯誤の中で各サロンでは創意工夫をしていますが

180度視点を変えたやり方をしたら

徐々に新規の入りも回復してきました

私が常に大切にしている

満たされてはいけないと言う事

つまり値段が安いからとか高いからとかの論争の次元の低さではなく

あくまでも常に傷を負っていたい

値上げという損傷

その傷を治癒していくかの様に日を重ね努力していく事

【生産性の向上の可能性がある他業種】

【生産性の限界がある美容業界】

値下げを否定するのではなく

美容師としての価値を本当に尊重し

社員一人一人に

リアルな目線で充実した環境を提供する為に

必然的にここを目指し血の滲むような努力が私の会社には必要なんだと思いました

つまりは本音は【値上げ】したいのではなく

キチンと真っ当に【お金】を頂ける人間に育てあげる義務が

そこにはあるという事ですね

鳴海 幸輝/Kouki Narumi

鳴海 幸輝/Kouki Narumi

メディアイノベーター 鳴海 幸輝
レートライブ株式会社 代表取締役 CEO
美容プロモーション事務所【biz】代表社員

美容師から歌舞伎町有名ホストクラブで3ヶ月でNo.3そして新人No.1になる
その他20を超える多種多様の職を経験。美容師としても都心から数店舗経験するが【経営】に疑問を持ち反発し職を渡り歩くダメな日々…さらに2010年、借金300万を抱え半年間ホームレス生活を経験。そんな中【このダメ思考を仕事に転換する法則を発案】、月売190万のドン底店舗を店長就任後、わずか3ヶ月で3倍以上の売上まで建て直す実績を出し、最速で数店舗を統括するマネージャーを経験
のちに起業へ
更に起業1年目で年商1億円、客単価¥15000、年間来店数約1万人のサロン《XELVe TOKYO》運営に成功する。そして1年半で2店舗目を出店し2ブランドを展開する、その後は求人メディアに頼らず【30人を超える応募求人】を達成。
情報技術検定 ITパスポート経営学 第2種電気工事士といった異色の経歴
《美容室営業の9割は無駄な事》を格言に、ほとんどを排除したやり方で業界特有の激務にメスを入れつつ更に結果を残した。
また美容師としても、海外から国内までクセ毛や多毛のお客様が9割を占め naruアレンジInstagramフォロワー数は2.8k
全国誌の巻頭特集から、大手企業【渋谷マルイ】でのオファーを個人で勝ち取り単独プレス出演と外部でも活躍する。
個人メディアでは開設3か月で月間60万PVを突破。
独自の【成果スピード法】を追求し、新ビジネス理論と美容師を融合させた殻破りな個性ある可能性を多くの人に発信する。

PAGE TOP