鳴海 幸輝【XELVe】/archive

あの頃の夢へ/XELVe TOKYO

年も明けどことなく春和景明の中
何気なく道を歩いていると

とあるヘアサロンから60代くらいでしょうか、散髪を終えた様で出て来られました

見送る美容師さん…頭をぺこりと下げ、その60代くらいの女性からは暫く笑みがたえない様子でヘアサロンを後にしました

そしてとても嬉しそうな顔をしていました

これから孫にでも会いに行くのでしょうか?

そのヘアサロンを観るとカットが1800円のとてもリーズナブルなヘアサロンだったのですが

お客様がどうゆう理由でどの様なお店に行こうが

美容師によって身も心も綺麗になって喜んで頂けた事には変わらない

人を笑顔に出来る仕事に改めて素晴らしさを感じました
普段分かっているようで失いかけるモノは世の中たくさんある

もう1度思い出して欲しい美容師を志した時の気持ちと美容師である喜びを

なぜ?自分が美容師になりたかったのか?
【モテたいから】【カッコいいから】【人の役に立ちたいから】【自分を変えたかったから】
様々な想いがあると思います

今あなたはその夢が本当に叶っていますか?
誰からもカッコいいと言われる程の人間力を手に入れていますか?
本当に沢山の人の役に立っていますか?

いつしか薄れゆくあの時の想い

初めてお客様をシャンプーした時、どんな気持ちだったですか?

初めてお客様にありがとうと言われた時、どんな気持ちでしたか?

私も含め、忘れている気持ちはないがどこかで時の経過と共に薄れているのかもという意識はある
それはおかしな事でもなく、あの時より進化していく上で犠牲にしてしまったモノもあるだろう

自己の成長が滞る原因はそんな所にあったりする

そして大きな成長をする程と同時に置き忘れていくモノも沢山ある

あの日一緒になって練習を見てくれた恩師を忘れ、その実力は自分だけのモノだと気づかないうちに自負し始める事
美容師を金を生み出す機械の様に扱い、自己の裕福な生活ばかりをチラつかせる経営者

気付けば自分1人だけの力と過信し【チームワーク】という言葉すらいつしか忘れ【売上】というものだけにこだわる美容師
確かに両者とも一時的な期間での結果は出るであろう

しかし【大事なモノ】を見失った人間の成長は限界がある

そしてその先は必ずしも崩れゆくものなのである
いくら経営者が何を唱えようと、そもそも雇われている側にその意識は薄くて当たり前で
観ている景色も違くて当然なのであり、私はそれを加味した上で創意工夫と仕組み化を常日頃から追求している

しかしその中で私達1人1人に置かれた立場で今、何をすべきなのか?何の為にやるのか?
そういった基本的価値観を見失わなければ自ずとやるべき事が必ず見えてくるはずである

そして、それを見失っている人間はね

文句しか出て来ないんだよ

やれ人間関係がどうだの給料がどうだの評価がどうだの…
そもそも不満の1つは出るのは当たり前、行動し先を観てる人間には文句が出る前に既に動いている
大きな目標を噛み砕きながら
まずは周りにいる人達の【感謝】を忘れず
去年より1人でも多くの人を【笑顔】に
そしてありがとうが溢れる年にしたいものです

鳴海 幸輝/Kouki Narumi

鳴海 幸輝/Kouki Narumi

メディアイノベーター 鳴海 幸輝
レートライブ株式会社 代表取締役 CEO
美容プロモーション事務所【biz】代表社員

デスクワークからホストまで20を超える多種多様の職を経験。美容師としても都心から数店舗経験するが【経営効率の悪さ】に疑問を持ち反発し職を渡り歩く…さらに2010年、借金3桁でホームレスまで落ちてしまう。そんな中【このダメ思考を仕事に転換する法則を発案】、月売200万以下のドン底店舗を店長就任後、1年半で3倍以上の売上まで建て直す実績を出し、最速で数店舗を統括するマネージャーを経験後、起業へ
起業1年で年商約1億円、客単価¥15000、年間来店数約1万人のサロン《XELVe TOKYO》運営に成功する。そして1年半で2店舗目を出店し2ブランドを展開する、その後求人メディアに頼らず【30人を超える求人】を達成。
情報技術検定 ITパスポート経営学 第2種電気工事士といった異色の経歴
《美容室営業の9割は無駄な事》を格言に、ほとんどを排除したやり方で業界特有の激務にメスを入れつつ更に結果を残した。
また美容師としても、海外から国内までクセ毛や多毛のお客様が9割を占め naruアレンジInstagramフォロワー数は3万人を超える。
全国誌の巻頭特集から、大手企業渋谷マルイでのオファーや単独プレス出演と外部でも活躍する。
個人メディアでは開設3か月で月間50万PVを突破。
独自の【成果スピード法】を追求し、新ビジネス理論と美容師を融合させた殻破りな可能性を多くの人に発信する。

PAGE TOP